きさらぎ星人

鬼面宇宙人 きさらぎ星人

節分が近づくと「きさらぎ星人」を思い出す方も多いのではないだろうか。きさらぎ星人はウルトラマンタロウ44話「あっ!タロウが食べられる」に登場した宇宙人。長い白髪が特徴的な老婆の姿をしている。

きさらぎ星人は一年に一度、節分の日だけとは言え仲間である鬼が人間にいじめられることを良く思っていない。

また同じ宇宙人でありながらも鬼ではなく人間に味方し豆まきを楽しむ、鬼をいじめるウルトラマンタロウを裏切り者として憎んでいる。

戦闘能力

主な攻撃方法は口から炎を吐く火炎攻撃。

きさらぎ星人は普段は老婆の姿に化けているが変身・巨大化するとオニバンバになる。口から出す縮小液を含んだ糸と火炎、手持ちの金棒で攻撃する。

縮小液を含んだ糸はこねることで人間を小さくして豆状の玉の中に閉じ込めることができる。オニバンバはこの能力を使って光太郎を豆の中に閉じ込め、人間に食べさせようと画策するが失敗。

活躍シーン

ウルトラマンタロウはオニバンバに攻撃を加え、どんどん追い込んでいく。オニバンバが苦手な豆を持って攻撃するとタロウの豆まきが開始。

オニバンバはタロウが投げつけた豆を金棒で打ち返そうとするが全てを打ち返すことはできず「ちくしょう!来年また来るからな!それまで覚えていろよ!」と捨て台詞を吐いて退散していった。

こうしてタロウの壮大な鬼退治は無事に終わるのであった。

プロフィール

  • 身長:160センチメートル
  • 体重:80キログラム
  • 登場:ウルトラマンタロウ44話「あっ!タロウが食べられる」

スポンサード リンク