オニバンバ

きさらぎ星人 オニバンバ

オニバンバはきさらぎ星人が巨大化変身した姿。きさらぎ星人は仲間の鬼が節分の日に豆をぶつけられ、阻害されたり、除け者にされるのに納得がいかず、人間を憎んでいた。そして、宇宙人でありながら、人間の味方をするウルトラマンタロウも憎悪の対象だった。

ある日、人間と一緒に、豆まきで遊ぶウルトラマンタロウである東光太郎と一郎という少年に激怒。巨大化し、二人を豆の中に閉じ込めてしまう。

戦闘能力

オニバンバの得意技は口から吐いた糸で相手を小さくさせ、豆の中に封じてしまう力だ。そして復讐と言わんばかりに、一郎の弟である二郎にその豆を食べさせようとする。

しかしその作戦は失敗に終わり、ZATごと豆を焼き払おうとするがこれも失敗。最終的に二郎が投げた豆の中に二人がいる事に気付かず、金棒で打ち返してしまった為、復活したウルトラマンタロウと戦闘に。

活躍シーン

口から出す炎や、武器の金棒で応戦するも、タロウには敵わない。金棒を奪われ嫌いな豆を投げられ、戦意を消失したオニバンバにウルトラマンタロウは容赦なくフルスイングをお見舞いする。

オニバンバは、「来年もまた来る」という捨て台詞を残して、空の彼方へ消えていったのだった。

プロフィール

  • 身長:57メートル
  • 体重:3万トン
  • 登場:ウルトラマンタロウ第44話「あっ! タロウが食べられる!」

スポンサード リンク