カオスウルトラマン

カオスウルトラマンは、カオスヘッダーがウルトラマンコスモスの姿や能力を分析し作り上げた邪悪なウルトラマン。その姿は、コロナモードのウルトラマンコスモスを髣髴とさせ、ブルーとブラックを基調にしている。

エクリプスモード及び光線の威力以外において、カオスウルトラマンはほぼ全ての能力をコピーしている。その結果、3分間という時間制限までコピーしてしまっているのが弱点である。

ただし、本物のようにモードチェンジを行う事まではコピーできなかった。その為、危機が迫るとカオスヘッダーに戻り、姿を消す。

戦闘能力

使用する技としては、インベーディングウェーブ、ダーキングショットなどがある。なお、インベーディングウェーブはコスモスのブレージングウェーブ、ダーキングショットはネイバスター光線のコピー技である。

コピー技以外では、ダークネスウィールと呼ばれる光線を放つ。ダークネスウィールは、1度に50体もの怪獣をカオス化可能な光線である。

これは通常のカオスヘッダーのおよそ50倍のパワーを持つカオスウルトラマンならではの技と言えるだろう。

活躍シーン

1度目の戦いではコロナモードのウルトラマンコスモスを倒したものの、2度目の戦いではTEAM EYESのサポートもあり、敗れてしまった。

3度目の戦いでは、3分間の時間制限という弱点も克服しているが、倒されかけた時にカオルウルトラマンカラミティへと強化変身した。

プロフィール

  • 体長:47メートル
  • 体重:4万2千トン
  • 登場:ウルトラマンコスモス第59話「最大の侵略」、第60話「カオス大戦」、第62話「地球の悲鳴」、第64話「月面の決戦」

スポンサード リンク