カタン星人

目つぶし星人 カタン星人

その攻撃方法から目つぶし星人という異名まで持つカタン星人。地球侵略の為に、まずはウルトラマンタロウの命を絶つ事を目的に地球へと降り立った。タロウの正体が、東光太郎と知った上で彼に近付く。

なぜか車の運転ができ、光太郎とカーチェイスをするもカタン星人が乗った車は大破。更には、通りすがりの少女・マチ子を引いてしまう。カタン星人はマチ子に乗り移り、見舞いに来た光太郎にプレゼントをリクエストするが、買い物に出た光太郎を車や鉄骨が襲う。

二度目のリクエストでさすがにおかしいと感じたZAT隊員により、鉄骨の下敷きになったものの命は助かった光太郎。マチ子と同じ病院に入院するも、病実に来たマチ子の「地球が欲しい」という発言に、光太郎も異変を察知。

正体を見せたカタン星人の目つぶし攻撃により、視力を失ってしまう。

活躍シーン

光太郎を戦闘不能にしたカタン星人は、そのまま巨大化し、街を襲い始める。一方、正気に戻ったマチ子により、光太郎の目は復活。

ウルトラマンタロウに変身し、カタン星人の前に降り立つも、直後、再び目つぶし攻撃を受けてしまう。

ここでZATがカタン星人の頭にベルを取り付け、ベルの鳴る音で敵の場所を察知出来るようになったタロウは、ウルトラダイナマイトでカタン星人を爆破。

二度も同じ手に苦戦したタロウだったがZATの協力により、地球征服を食い止める事が出来たのだった。

プロフィール

  • 身長:2.2 – 51メートル
  • 体重:98キログラム – 3万1千トン
  • 登場:ウルトラマンタロウ第35話「必殺! タロウ怒りの一撃!」

スポンサード リンク