キリエル人

炎魔人 キリエル人

炎魔人 キリエル人はウルトラマンティガに登場する精神生命体。第3話「悪魔の予言」で初登場しており、その後も第20話「GUTSよ宙へ・後編」、第25話「悪魔の審判」、最終話「輝けるものたちへ」にも登場する。

精神生命体であるため、死んだ人間の体を乗っ取ったり、人間の精神を操ったりする能力に長けている。超古代より地球に潜伏しており、地球人類を愚かな生き物と見下している。

ストーリー

ティガが怪獣を倒し人類の守護者とされているのを快く思っておらず、第3話では死んだ人間の姿を使い「聖なる炎」と呼ばれる事件を引き起こした。

その後、イルマにティガではなくキリエル人を人類の守護神として崇めるように迫るが拒まれ、街ごと燃やそうとする。

活躍シーン

イルマの救出に現れたウルトラマンティガに対して、対ウルトラマン用として作っていた巨大化細胞を使用して炎魔戦士キリエロイドとなり、強敵として立ち塞がったものの敗れた。

しかし、その後もキリエル人の暗躍は続き第25話「悪魔の審判」ではイタハシとキリエルの巫女と通じ天使として人々の前に姿を現れ、ティガを「悪魔」として洗脳している。

メトロポリス上空に「天国の門」と偽り「悪魔の門」を召喚し、大量のキリエル人を地球に呼び寄せようと画策したもののティガにすんでのところで阻止された。その際にはキリエル人の巫女と預言者が融合しキリエロイドⅡとなってティガと戦っている。

最終話では巨大な闇であるガタノゾーアにティガが敗れたことで地球の未来はないと判断し、ダイゴに捨て台詞を吐いて異次元に旅立った。

プロフィール

  • 身長:不明
  • 体重:不明
  • 登場:ウルトラマンティガ第3話「悪魔の預言」、第20話「GUTSよ宙へ・後編」、第25話「悪魔の審判」、第52話「輝けるものたちへ」

スポンサード リンク