キングゼミラ

蝉怪獣 キングゼミラ

キングゼミラは東京ニュータウンの地下で成長を続け、幼虫の間は地震を、成虫になってからは大音量の鳴き声を引き起こしていた怪獣。地震は地下のプレートがずれて起こる普通の地震ではないため、東京ニュータウンを局地的に襲っていた。

ZATにより地上へと引きずり出され、ネットで捕獲されるキングゼミラ。だが捕獲しても倒さないZATに痺れを切らした住人達が、キングゼミラに火を放った。火は運悪くネットだけを燃やしてしまい、その隙を縫って怪獣は逃げ出してしまった。

逃走したキングゼミラを追っている最中に、東京中の電波に異常が発生する。原因はやはりキングゼミラだった。東京タワーに張り付きその鳴き声で電波をかく乱させていたのだ。

活躍シーン

ウルトラマンタロウはキングゼミラと戦うも、その境遇を哀れに思いキングゼミラを宇宙へと運んでいく。キングゼミラは東京ニュータウンが出来てしまったせいで、地下から出られず、地震を起こしていたのだ。

その後は宇宙ゼミとなり、夏になると宇宙の片隅で蝉の鳴き声がするらしい。

プロフィール

  • 身長:45メートル
  • 体重:2万8千トン
  • 登場:ウルトラマンタロウ第21話「東京ニュータウン沈没」

スポンサード リンク