ギロン人

地底エージェント ギロン人

ギロン人はウルトラマンA第5話「大蟻超獣対ウルトラ兄弟」に登場するヤプール人の配下の地底人。身長は3mから46mまで巨大化可能で、その際は体重も600キロから2万6千トンまで増加する。

ウルトラマンに近い顔だちで、昆虫のような複眼と顔の周りにあるたてがみが特徴的。

戦闘能力

あらゆるものを見通す千里眼を持っており、大きさの割に体重が軽いため、メタリウム光線などの様々な攻撃も軽々とかわしてしまう。

手先から出すギロン光線は谷川岳を一撃で吹き飛ばすほどの攻撃力があり、爪も一度捉えた相手を離さないほど強力。さらにテレポーテーション(瞬間移動)もできる。

活躍シーン

ヤプール人が作り出した超獣アリブンタを操って地底に要塞を作るろうとした。なぜ地底に要塞を作るのに地上である東京を壊滅しようとしていたのかは不明。

ウルトラマンエースを地底に誘い込み罠にかけたほど知的な面がある反面、地底要塞計画がばれると、地上に現れ、アリブンタと共に破壊活動を行うという感情的な面も備えている。

ヤプールの配下で異次元への出入りも許可されているだけに、要塞を築き上げてから地上侵略を目指していたらもっと厄介な敵になっていただろう。

プロフィール

  • 身長:3 – 46メートル
  • 体重:600キログラム – 2万6千トン
  • 登場:ウルトラマンA第5話「大蟻超獣対ウルトラ兄弟」

スポンサード リンク