ゴルバゴス

透明怪獣 ゴルバゴス

ゴルバゴスは二足歩行で山(地獄谷)に潜む怪獣だ。まるで岩が集まったようなゴツゴツとした外見をしているが、カメレオンヤライチョウのように自分の皮膚の色を周りに合わせる特殊な皮膚組織を持つ。そのためMAT隊員からは「透明怪獣」「カメレオン怪獣」と呼ばれる。

夜行性なので昼間は山で岩に似せて眠っており、明るいうちは比較的おとなしい。夜になると狂暴化するが、体は暗闇にとけこみ、まるで大きな眼だけが浮かんでいるように見える。

その特殊な体色で調査に訪れたMAT隊員を驚かすが、七色の綺麗な塗料を吹き付けて周囲と同化しにくくさせる、その名も「レインボー作戦」を仕掛けられてしまう。

だが、地面に潜ることで鮮やかな塗料を落とし、再びMAT隊員の目を欺く賢さを見せた。

活躍シーン

ゴルバゴスの攻撃は、主に口から吹く火と、周囲にある岩を使った打撃攻撃だ。また、岩に爪痕を残すほどの鋭い爪も持っている。

投げて投げられ、ウルトラマンと互角の戦いを見せたが、最後は逃げようとしたところに背後からスペシウム光線を受けて倒れてしまった。

しかし、ウルトラマンとの戦いが昼に行われていた点にぜひ注目してほしい。ゴルバゴスは先述したとおり夜行性で、昼間は比較的戦いを好まないのだ。

その点を付いてMATは昼間に攻撃をしかけたわけだが、ウルトラマンとの戦いの場が、本領を発起する夜であったらどうなっていたか…、少し興味が湧く点ではないだろうか。

プロフィール

  • 身長:45メートル
  • 体長:1万8,000トン
  • 登場:第7話「怪獣レインボー作戦」

スポンサード リンク