ゴルメデ

古代暴獣 ゴルメデ

ゴルメデはウルトラマンコスモスの第2話に登場する怪獣。古代暴獣という名前からもその凶暴な性格が伺える。過去にSRC宇宙開発センターが、捕獲に失敗している。第二話ではTEAM EYESも保護に手を焼いた。

春野ムサシとコンビを組むTEAM EYESのフブキケイスケは、当初保護は無理だと主張していた。保護すべきと主張する春野ムサシとは、全く逆の主張である。

なお、ゴルメデは映画「ウルトラマンコスモスVSウルトラマンジャスティス THE FINAL BATTLE」にも登場している。元々リドリアスとは敵対関係にある怪獣だが、この時には地中から現れ、敵対関係であるリドリアスと共に敵と戦っている。

戦闘能力

硬い殻で覆われた背中と頭部の一部に硬い角を持つ。突進力に優れた怪獣であり、蹴り技が得意だ。さらに、口からは火球と光弾を放つ事ができる。

活躍シーン

第2話でウルトラマンコスモスと戦った際には、フルムーンレクトで大人しくなった。

敵対関係にあるリドリアス同様にゴルメデも「ウルトラQ」に登場する、古代怪獣ゴメスのオマージュとして誕生した。

ゴメスも凶暴な性格であり、リトラと敵対関係にあった。このリトラはリドリアスのオマージュ元でもあり、その敵対関係もそのまま受け継がれている。

プロフィール

  • 体長:54メートル
  • 体重:6万9千トン
  • 登場:ウルトラマンコスモス第2話「カオスヘッダーの影」および劇場版「ウルトラマンコスモスVSウルトラマンジャスティス THE FINAL BATTLE」

スポンサード リンク