シーボーズ

亡霊怪獣 シーボーズ

亡霊怪獣シーボーズはウルトラマン第35話に登場する怪獣。怪獣墓場というところからロケットにしがみついて地球に落ちてきた。白骨化した恐竜のような容姿で、性格はおとなしくて臆病となっている。怪獣墓場に戻って静かに眠ることを望んでいた。

怪獣墓場に戻ろうと高層ビルの屋上から飛んでみたものの、飛ぶことができなかったためふてくされてしまい、科学特捜隊と戦う素振りも見せなかった。

そんな行動から怪獣墓場に帰りたがっていることを察知した科学特捜隊は、月ロケットでもう一度宇宙に帰そうとするも失敗。そこでウルトラマンが宇宙へ運ぼうとしたものの途中で力尽きてしまう。

その後、再び科特隊が月ロケットをウルトラマンの姿に変えた「ウルトラマンロケット」で宇宙に帰す作戦を実行し、ウルトラマンの協力もあって無事怪獣墓場へと帰ることができた。

戦闘能力

臆病なので自分に攻撃してくるものから逃げようとするのが、逃げられなかったときは攻撃を行う。しかし貧弱な攻撃なので脅威にはならない。

作中で石ころを蹴り飛ばそうとしたときに、思いっきり転んでしまったこともあり、こうした見た目とのギャップが「カワイイ」というファンも多い。

プロフィール

  • 身長:40メートル
  • 体重:3万トン

スポンサード リンク