ゼットン星人

変身怪人 ゼットン星人

ゼットン星人はゼットンを操る謎の宇宙人。世界各国の人工衛星を破壊して地球に侵攻し、後に日本へと侵攻してきた。このときに日本の航空自衛隊と戦って1部を撃墜されたが、反撃して航空自衛隊を全滅させている。

科学捜査隊の基地に侵入した際は岩本博士を気絶させ、その岩本博士に変身して基地を破壊した。しかし追跡していたアラシと格闘になり、変身が解けたことによって姿を現す。その後、ハヤタにマルス133で頭部を撃たれ消滅した。

ちなみにこの時、頭部を撃たれているのに胸のあたりを手でおさえているのはここだけの話。

意外な人気

こうした変身怪人の容姿は、正面から見ると変な形をしていて不気味なのだが、後ろから見ると意外と可愛いデザインになっている。その容姿に惹かれているファンも少なくないだろう。

ウルトラマンの最終回である、さらばウルトラマンに登場していたのだが、ウルトラマンマックスの第13話と第14話にも登場しており、ケムール人に酷似した顔で、和服のような格好をしている。

ウルトラマンを倒したゼットンを生み出したという背景から、ファンの間ではゼットンを作ったゼットン星人が最強との意見もあり、人気のキャラクターとなっている。

プロフィール

  • 身長:2メートル
  • 体重:60キログラム

スポンサード リンク