タイラント

暴君怪獣 タイラント

タイラントはウルトラマンタロウ第40話「ウルトラ兄弟を超えてゆけ!」に初登場する、ウルトラシリーズ屈指の怪獣。今までのウルトラシリーズの中でウルトラ兄弟に倒された怪獣たちが海王星に集まり合体した、怨念の塊である。

暴君怪獣という二つ名に相応しく、七体もの怪獣の各々強い部分だけが集まり誕生した最強怪獣の一体でもある。ちなみに「タイラント」は「暴君」という意味もあり、訳すと「暴君怪獣暴君」となってしまう。

タイラントはまず手始めに海王星のゾフィーを倒し、その後、続けざまに4体のウルトラ兄弟達を倒し、地球へやってきた。そして、現在、日本に住んでいる主人公・東光太郎扮するウルトラマンタロウに戦いを挑む。

戦闘能力

タイラントの武器は七体の怪獣の最も強力な技や術だ。口から火炎放射を吐き出し、お腹からは冷凍ガス、耳からはアロー光線を放つ事ができる。

光線での攻撃も吸収されてしまい、ウルトラ戦士達が通信として使う暗号・ウルトラサインをも無効化してしまう。

活躍シーン

しかしそれほどの強さを持ってしても成長したウルトラマンタロウには勝てなかった。タイラントは、両腕の鞭を焼き切られ、キングブレスレットにより作られた光の槍・ウルトラランスを投げられ、爆死してしまった。

だがこの敗北は暴君怪獣の最初の敗北に過ぎない。後のウルトラマンシリーズでタイラントは何度も復活し、何度もウルトラ戦士達と戦うことになる。

プロフィール

  • 身長:62メートル
  • 体重:5万7千トン
  • 登場:ウルトラマンタロウ第40話「ウルトラ兄弟を超えてゆけ!」

スポンサード リンク