ノーバ

円盤生物 ノーバ

ノーバはウルトラマンレオ第49話「詩を呼ぶ赤い暗殺者」の他、ウルトラマンメビウス第28話「コノミの宝物」にも登場する。ブラックスター出身の円盤生物で、円盤状態のときは身長0.1メートル、体重20グラム、巨大化すると身長57メートル、体重1000トンになる。

地球侵略のためにブラックスターから送り込まれた複数の円盤生物の中のひとつで、円盤状態の他に、赤いテルテル坊主のような姿になる。このテルテル坊主のような姿は、子どもが軒下に吊るす一般的なサイズの他、巨大化することもできる。

戦闘能力

丸い頭の下はマント状になっているので、胴体がどうなっているのかは不明だが、右腕は二股に分かれた長い鞭状になっており、左手の先は大鎌になっていて、両方の腕で攻撃をしかけてくる。

このほかに、口から赤いガスを吐き出すのだが、この狂人化ガスを浴びた人間は精神に異常をきたし、凶暴な人格になってしまう。

また、目から破壊ビームを出すこともでき、空を赤く染めて血のような雨を降らせる。ちなみに、この赤い雨の攻撃効果は不明。

活躍シーン

ブラック指令によって地球に飛来し、テルテル坊主に化けて、人間の少年に取り付く。少年を操って街を徘徊させ、ノーバはそれと一緒に狂人化ガスをまき散らし、街中の人間を暴れさせる。

巨大化後は、ウルトラマンレオと激しく戦い、エネルギー光球とシューティングビームを浴びて絶命する。

その後、ウルトラマンメビウスの作中にも登場するが、レオの時に登場したノーバとは別の個体という設定になっている。

プロフィール

  • 身長:0.1 – 57メートル
  • 体重:20グラム – 1万トン
  • 登場:ウルトラマンレオ第49話「死を呼ぶ赤い暗殺者!」

スポンサード リンク