バット星人

触角宇宙人 バット星人

「帰ってきたウルトラマン」第51話「ウルトラ5つの誓い」に登場するバット星人。最終回に登場するのは全宇宙の征服を目論む邪悪な宇宙人で、ウルトラマンだけでなくウルトラの国まで滅ぼそうと企む。身長は2.3メートルから43メートルへ、体重は80キログラムから2万8千トンに巨大化する。

戦闘能力

バット星人はその名の通り、コウモリのような被膜と長い牙があり、両腕は蟹のハサミのような形をしている。

武器は10階建のビルを一瞬で破壊するバットミサイルと催眠効果のある煙を口から吐くとされるが劇中では披露しない。邪悪な性質がそのまま風貌に表れているが、小太りでコミカルな印象もある。

地球侵略

強力なバット星連合艦隊がウルトラの国に侵攻する間に、別働隊として宇宙恐竜ゼットンの二代目を連れて地球に侵入し、ウルトラマンを襲撃する「ウルトラ抹殺計画」に取り掛かる。

初代ウルトラマンを倒した宇宙最強と言われるゼットン二代目は、バット星人の養殖によるとされる。MATチームがゼットンと交戦中、MAT基地に侵入し、原子炉を破壊して基地の心臓部を壊滅させる。

活躍シーン

自ら巨大化してゼットンと共にウルトラマンと戦うが、戦闘能力は高くないため、羽交い絞めや足払いといった程度でもっぱら戦闘はゼットンに丸投げ状態だった。

初代ウルトラマンを圧倒した先代ゼットンのように攻撃もあまり通用せず、バット星人はウルトラクロスで胸を貫通され、あっけなく倒れ、直後にゼットン二代目も倒される。

プロフィール

  • 身長:2.3 – 43メートル
  • 体重:80キログラム – 2万8千トン

スポンサード リンク