バルキー星人

宇宙海人 バルキー星人

ウルトラマンタロウ最終話、第53話に登場した最後の敵、宇宙海人・バルキー星人。地球の海を自分の支配下に置く為に、同じバルキー星に住む海獣・サメクジラを操り、タンカーや船舶などを襲撃させていた。

外見は、どこかウルトラマンを彷彿とさせる姿・形をしており、次回作のウルトラマンレオの没バージョンだったのではいかとも言われている。なお、色は黒と白を基調としたシンプルなデザインとなっている。

やがて、地上に降り立ったサメクジラはウルトラマンタロウにより、窮地に追いやられる事に。実は、サメクジラが襲った船の中に、タロウ扮する東光太郎の恩人もいたのだった。

タロウの怒りを買い、あっさりと倒されるサメクジラに、バルキー星人は空間転移の技で、その場から逃げ出したのだった。

最期

サメクジラを倒した後、光太郎は、タロウに変身する為のウルトラバッジをウルトラの母に返してしまう。変身出来なくなった光太郎の前に、再び現れるバルキー星人。

最初は人間と同じ大きさで現れるも、ZATガンで額を打たれた事により逆上し、巨大化。しかし、光太郎に誘い込まれ、石油コンビナートに辿りつく。

そして、自分が倒してしまったタンクから流れ出た油を全身に浴びてしまう。最後には、光太郎が放ったZATガンの火花が体中に引火し、暴れ回った挙句、爆発してしまうのだった。

サメクジラ同様、あっけない最期を迎えたバルキー星人もまた、ウルトラシリーズ最弱の異星人だったのではないだろうか。

プロフィール

  • 身長:1.8 – 49メートル
  • 体重:100キログラム – 2万2千トン

スポンサード リンク