パンドン

双頭怪獣 パンドン

双頭怪獣パンドンは、第48話「史上最大の侵略(前編)」、第49話「史上最大の侵略(後編)」に登場した。身長40メートル、体重1万5千トンで幽霊怪人ゴース星人に操られ、地球侵略の手先となり暴れた。

赤い寸胴のような体に左右にあるクチバシのような顏が特徴的で、どちらの口からも高熱の火炎を吐く事ができる。

戦闘能力

最終回の前後編に登場する怪獣ということもあって強いように思えるが、パンドンと対決した時のウルトラセブンは疲労困憊で満足に戦えない状況でもあり、自力だけで圧倒したとは言えない。

そんな理由から通常時のセブンと戦ったら、エメリウム光線もアイスラッガーも使えるので簡単に倒せるはずという意見も多い。

セブンとの戦い

セブンはパンドンとの戦いで、エメリウム光線が相手に届かず、アイスラッガーもコントロールできないために持って挑むも叩き落され、一方的にやられた。

このままでは危ないという状況の中、アンヌ隊員が操縦するウルトラホーク3号が駆けつけ、それに気を取られている間に持っていたアイスラッガーでパンドンの右足と左手を切断した。

セブンはなんとかして倒したが、再起不能に近い状態に陥ってしまった。

改造パンドン

倒されたパンドンは、このまま死ぬのかと思いきや、ゴース星人に回収されていて、第49話「史上最大の侵略(後編)」に改造された状態で登場する。

放送されたテレビでは、左右に顏付近にある目を確認するのは難しいが、他の媒体で詳しく見る事ができる。

プロフィール

  • 身長 40メートル
  • 体重 1万5,000トン

スポンサード リンク