フック星人

集団宇宙人 フック星人

第47話「あなたはだぁれ?」に登場したのが、集団宇宙人のフック星人である。夜行性で集団行動を好む宇宙人で、侵略を目的として地球にやって来た。侵略のための計画がバレないように、東京K地区のふくろう団地に定め、住民に化けて暮らしていた。

団地の住民たちはフック星人の催眠術に陥り、これに気付く事なく暮らしていたが、深夜に帰宅したサラリーマンが異変に気付き、その後ウルトラ警備隊の調査で、地球侵略の企てがバレる事になる。

団地という特性を活かして、彼らの基地は昼には地下にあり、夜になると団地と入れ替わるように現れる仕組みになっていた。だが、そのため夜に外から来た人にバレてしまったのだろう。

戦闘能力

人間に変身する事ができ、相手を硬直させるガスを出す事ができる。夜行性のためか光に極端に弱く、視力が退化しているが、その分だけ聴力が発達し、仲間間ではテレパシーで会話をしている。

常に集団行動をし、運動神経も高いので、ウルトラセブンには3人掛かりで襲い掛かった。その高い身体能力で戦うもウルトラセブンのウルトラスパークにより弱ってしまい、スリーワイドショットで3人共に倒されてしまった。

彼らの乗ってきた円盤もウルトラホーク1号、3号の攻撃により撃墜され、地球侵略から救われたのだった。
決して戦闘能力が高い宇宙人ではなかった。

プロフィール

  • 身長 1.8 – 40メートル
  • 体重 65キログラム – 1万トン

スポンサード リンク