ブラックサタン

暗黒超獣 ブラックサタン

ブラックサタンは宇宙仮面が化けていた彫刻家・坂井の指示で子どもたちが作り上げた彫刻を、宇宙仮面が巨大化させた超獣。外見は大きな一つ目をしており、2本の長い牙と、翼のような耳が特徴。彫刻サイズの3m、3トンから巨大化すると60m、3万トンになる。

戦闘能力

エネルギー源は宇宙仮面の腕輪から発する光線であり、これがあれば何回でもよみがえることができる不死身の超獣だ。

大きな一つ目からは破壊光線を発し、頭に生えている一本角はヤプールとの交信用途の他にロケット弾としても使用可能。噛みつく力は1000トン級のプレスに相応し、世界貿易センターでさえも砕くことができる。

翼のような耳は3000キロ平方メートル内の飛行機の音を捉えれるほどの地獄耳で、指先や尻尾からはミサイルを放つ。

更に口からは炎上させることができるガスをだすなど攻撃方法も多種多様で、エネルギーは無限に宇宙仮面から供給されると言う、宇宙仮面が生きてる限り無敵の超獣である。

活躍シーン

美川隊員により、宇宙仮面が殺されると、戦意も喪失、エネルギーが供給されないことから一気に弱くなり、形勢が逆転した。

石油タンクを頭からかぶり、石油まみれのところにタイマーボルトこと別名ウルトラサンダーの攻撃を受け大炎上。とどめにメタリウム光線を撃たれ倒された。

プロフィール

  • 身長:3 – 60メートル
  • 体重:3 – 3万トン
  • 登場:第22話「復讐鬼ヤプール」

スポンサード リンク