ブロッケン

変身超獣 ブロッケン

ブロッケンはヤプール人が生み出した6体目の超獣であり、ワニとひょうたん型の宇宙怪獣を合わせ作られた。変身超獣という名だが単純に姿形を変えるわけではなく、人間に憑依する能力がある。

憑依された人間は影がなくなり、両手の手のひらには目と口が現れると言う特徴を持っているため、乗り移った際は手袋をはめて周囲の目をごまかしている。

憑依された人間を完全に演じ切り、怪しげな行動もなかったことからかなり高い知能を持っていたのだろう。

戦闘能力

超獣の姿の際は身長は65m、体重は8万3千トンで硬いものでも噛み砕く強固な刃を持つ。

100万馬力以上の怪力や鼻から出す10万℃の強力な火炎、体の後ろについている触角のようなものからはスネーク光線と呼ばれる強力な光線を出すことができる。

更に、重量級ながらもメタリウム光線をかわすほどのスピードもあり、当時は最強の超獣とされていたようだ。

活躍シーン

ウルトラマンAの第6話「変身超獣の謎を追え!」に登場した後は、ウルトラシリーズを通しての活躍はないため、知名度は低い。

宇宙船のパイロットである小山隊員に乗り移った際は、隊員の息子ですら違和感を感じないほどの完璧な憑依っぷりを発揮した。しかし、常にはめている手袋を就寝中に捲られてしまい正体がばれてしまう。

ヤプール人からの受けた使命である新型ロケットエンジンは見事破壊、右手を吹き飛ばされながらもエースを窮地に追い込んだが、ウルトラサインを受けたエースのウルトラギロチンにてバラバラにされてしまった。

プロフィール

  • 身長:65メートル
  • 体重:8万3千トン
  • 登場:第6話「変身超獣の謎を追え!」

スポンサード リンク