プレッシャー

怪獣人 プレッシャー

プレッシャーは、ウルトラマンレオ第26話「日本名作民話シリーズ!ウルトラマンキング対魔法使い」に登場する。プレッシャー星の出身で、等身大時は身長1.95メートル、体重80キロ、巨大化時は身長47メートル、体重2万9千トンになる。

顔は死神のマスクのような無表情で、両耳は悪魔のように上に向かって尖っている。

等身大時と巨大時で姿が変わることはなく、持っている宇宙万能杖を使って巨大化したり、杖から反重力現象術や火炎放射などを発することから、別名「宇宙の魔法使い」とも呼ばれている。

怪獣人プレッシャーというのが正しい名前なのだが、作中では「プレッシャー星人」と呼ばれているため、怪獣人という名称がつかずに表記されている怪獣図鑑も多い。

ストーリー

第26話は、日本の名作民話をもとにして作られたシリーズもののひとつで、一寸法師がモチーフとなっている。

そのため、ウルトラマンレオは怪獣人プレッシャーの宇宙万能杖の術によって、縮小されて風船の中に閉じ込められ、風船が割れた後は川に浮かぶお椀の船で移動する。

その後体が元のサイズに戻らず戦うことができないレオの前にウルトラマンキングが登場。小槌を振り、レオをもとのサイズに戻してくれる。

それと共にウルトラマンキングは、レオに「ウルトラマント」という新アイテムを授ける。

このマントは「レオブレラ」という傘のような武器に変形することができ、これを使って怪人の光線を防ぎ、また槍のように使って怪人を刺し絶命させる。

プロフィール

  • 身長:1.95 – 47メートル
  • 体重:80キログラム – 2万9千トン
  • 登場:ウルトラマンレオ第26話「日本名作民話シリーズ!ウルトラマンキング対魔法使い」

スポンサード リンク