ベロクロン

ミサイル超獣 ベロクロン

ベロクロンはウルトラマンA第1話「輝け!ウルトラ五兄弟」にて初めて登場した、珊瑚と宇宙怪獣が合体した超獣。身長は55m、体重は4万4440トンで、別名はミサイル超獣。異次元人ヤプール人が作った初めての地球侵略用超獣第一号である。

単に巨大な怪獣というわけでもなく、機械の塊であるロボットでもない。容姿においても、能力においても超獣の中の超獣であり、超獣とはどういうものなのか超獣の名にふさわしい生物と兵器の融合を見事なまでに再現しているのではないだろうか。

戦闘能力

全身にあるミサイルやロケット弾発射用のイボからベルクロミサイルと呼ばれるミサイルを放ち、手からテリブルハンドリングと呼ばれる相手の動きを封じる金縛り光線や光弾を発射する。

100万度の火を口から吐き、唾液は強い酸性の為、舌によってビルなども容易に変質させるなど様々な物質を変化させることができるのだ。

しかし、口の中を攻撃され、体内まで攻撃が届くと高電圧電気胃袋が自爆し、しばらく動かなくなると言う弱点を持っている。

活躍シーン

広島県福山市に出現し、迎撃にあたった地球防衛軍の戦闘機隊を全滅させた。

ベロクロンにより地球防衛軍を全滅されたことから超獣攻撃隊TACが結成され、怪獣を超える生物として超獣という名がつけられた。

その後ヤプール人がTACの通信の要が東京タワーであることを突き止め、東京にベロクロンが出現。

怪力を使い東京タワーを倒壊させ、TACの戦闘機も撃墜するなどベロクロンが活躍ぶりを見せたが、エースにより口内を攻撃されメタリウム光線が直撃し爆発した。

プロフィール

  • 身長:55メートル
  • 体重:4万4440トン
  • 登場:ウルトラマンA第1話「輝け!ウルトラ五兄弟」

スポンサード リンク