メザード

超空間波動怪獣 メザード

ウルトラマンガイアには波動生命体と呼ばれるキャラクターが登場するが、それが実体化した怪獣がメザードだ。頭部と首は一つしかないものの、下部からは触手のようなものがたくさん伸びている。元が波動生命体であるがゆえに、分類は超空間波動怪獣となっている。

メザードはその後に現れるサイコメザードやサイコメザード2の先駆け的な存在で、まるでクラゲのような波動生命体が、XIGファイターEXからのパイロットウェーブとファイターSGからのミサイルを浴びたことにより実体化した。

戦闘能力

そもそも波動生命体が時空波を出すなどの攻撃のバリエーションを持ったクラゲのようなキャラクターだが、メザードはその波動生命体から生まれた怪獣であるために、その特徴も類似したところが多々ある。

攻撃のバリエーションとしては、これらの触手から出される電流や口から発射される時空波を使ったものから、鋭い牙を使った意外とシンプルな攻撃まである。

また、人間の頭の中のデータを読み取る波動生命体の能力を継承している。

サイコメザード

サイコメザードやサイコメザード2はその進化バージョンということができるだろう。

とりわけサイコメザード2は人間の考えを読み取るだけでなく、幻覚を見せ、意のままに操ることも可能など、さらに攻撃のバリエーションがバージョンアップされている。

プロフィール

  • 体長:66メートル
  • 体重:3万3千トン
  • 登場:ウルトラマンガイア第4話「天空の我夢」

スポンサード リンク