レギュラン星人

悪質宇宙人 レギュラン星人

レギュラン星人はネメシス星雲第四惑星レギュラン星を出身とする宇宙人で、「悪質宇宙人」の名の通り保身のためなら身内すら平気で裏切る狡猾な性格をしている。ウルトラマンティガ第7話「地球に降りてきた男」に登場するほか、ウルトラマンシリーズに度々登場している。

ストーリー

「地球に降りてきた男」では地球制服を目的として来訪した。しかし宇宙ステーション・デルタの破壊のために宇宙船で飛行中、宇宙船の故障でデルタに衝突しそうになってしまう。

その際、レギュラン星人は飛行船に同乗していた妻子や仲間を見捨てて単身小型宇宙船・スペースバルケタで脱出、レギュラン星人の宇宙船はデルタの攻撃で破壊されてしまう。

その後、レギュラン星人は自らの責任を全て地球人に転嫁し仲間と妻子の復讐と称してGUTSのアサミヤ技官を殺害しヤナセ技官に迫る。

ヤナセとその娘のレナを宇宙船に拉致したレギュラン星人は、復讐の為レナに「地獄の苦しみ」を味あわせようと目論む。

しかし危機に駆けつけたGUTS隊によってその企みは阻まれ、妨害したGUTS隊員に怒り狂ったレギュラン星人は巨大化しティガに襲い掛かった。

活躍シーン

ティガとの戦いでは空中戦で圧倒され地上に叩き落されてピンチに陥った際には土下座して命乞いをしている。

その後、降参した事で油断したティガに不意打ちし一時的に優位に立ったものの、レナとヤナセの操縦するガッツウイング1号の援護によって形勢逆転される。

最後はティガのランバルト光弾で消滅し、レギュラン星人の宇宙船もガッツウィング1号のミサイルで破壊されている。

プロフィール

  • 身長:2.4メートル – 60メートル
  • 体重:180キログラム – 5万2000トン
  • 登場:ウルトラマンティガ第7話「地球に降りてきた男」

スポンサード リンク