レッドギラス

双子怪獣 レッドギラス

レッドギラスはウルトラマンレオ第1話「セブンが死ぬ時!東京は沈没する!」と第2話「大沈没!日本列島最後の日」の2話に登場している。身長55メートル、体重3万9千トンで、マグマ星の怪獣。

ブラックギラスと双子のため、通称「双子怪獣」とも呼ばれ、マグマ星人と兄であるブラックギラスと一緒にウルトラマンレオの故郷であるL77星も含む数々の星を滅ぼした極悪怪獣である。

大きく牙の並んだ口や、長いしっぽなど見かけはワニにそっくりで、頭に角、背中に刃のような背びれを持つ。

戦闘能力

頭の角からは津波発生光線を出すことができる。

得意技はレッドギラスとブラックギラスが腕を組み合い、高速で回転して相手に衝撃波を与える「ギラススピン」で、ウルトラセブンやウルトラマンレオを危機的状況に追い込むほどの力を持つ。

「ギラススピン」の回転中は、角から出る津波発生光線の威力が倍増し、海面に放出することにより、大きな津波を起こすことができる。

活躍シーン

ウルトラマンレオとはブラックギラスと共に3回対戦している。

1回目はウルトラセブンと大戦中、セブンが変身できない状態にまで攻めることに成功していたのだが、ウルトラマンレオが助けに入り、そのまま退散した。

2回目はモロボシ・ダンのウルトラ念力で身動きが取れなくなったっところを、ウルトラマンレオにより角を折られ退散した。

折れた角はその後、再生能力によって元に戻ったのだが、3回目の対戦で、ウルトラマンレオを海中に沈めたのだが、レオのきりもみキック攻撃に遭い、レッドギラス・ブラックギラスの双方とも首をはねられて絶命することとなる。

プロフィール

  • 身長:55メートル
  • 体重:3万9000トン
  • 登場:ウルトラマンレオ第1話「セブンが死ぬ時!東京は沈没する!」、第2話「大沈没!日本列島最後の日」

スポンサード リンク