ウルトラマンコスモス

子カテゴリー一覧

カオスバグ

カオスバグは群馬県蛍ヶ村に不法投棄されていた廃棄物に、カオスヘッダーが憑依して誕生した怪獣。蛍がモチーフであり、最初は蛍のように光を放ちながら空を飛んでいた。春野ムサシとフブキケイスケが最初に遭遇した際も、蛍の集団と勘違いしたほどだ。大きく赤い目が特徴的。

続きを読む

モグルドン

地中怪獣 モグルドン

モグルドンはウルトラマンコスモスの第6話、第32話、第55話、第65話の合計4話に登場した。地中怪獣とも呼ばれており、地中に眠っていたところを、地下鉄の工事の電磁波を受けて地上に現れた。

続きを読む

ガモラン

隕石大怪獣 ガモラン

ガモランはウルトラマンコスモス第7話に登場した、隕石に入れられて地球に送り込まれた怪獣ミーニンがバイオコントローラーで巨大化、凶暴化された姿。地球に送り込まれた隕石はガモダマと呼ばれ、地球文明の破壊こそがその目的だ。

続きを読む

ムードン

骨格恐竜 ムードン

ムードンはウルトラマンコスモスの第11話に登場した怪獣。元々は恐竜ムラノクラフドンで、工事現場で発掘された化石がカオスヘッダーのエネルギーと自分の子供に会いたいというエネルギーで、怪獣化した。

続きを読む

ワロガ

邪悪宇宙生命体 ワロガ

ワロガはウルトラマンコスモスの第13話、第14話、第48話に登場する、宇宙からやって来た高い悪意を持つ生命体。光に弱い夜行性で、飛行の際には青白い球状となる。動きが素早い上に、テレポート能力も備えているので、背後からの奇襲攻撃を得意としている。

続きを読む

ガルバス

古代怪獣 ガルバス

ガルバスは、ウルトラマンコスモス第13話、第14話に登場した怪獣。地底で眠っていた古代怪獣で、見た目はどちらかというと恐竜に近く、顔の横から翼が生えている。

続きを読む

アングリラ

情念化身獣 アングリラ

アングリラはウルトラマンコスモス第19話に登場した怪獣。見た目はアシンメトリーでぐちゃぐちゃとしている。その見た目の歪さからも、情念が実体化の大きな要因である事を把握できるだろう。

続きを読む

ボルギルス

電撃怪獣 ボルギルス

ウルトラマンコスモス、第20話、第32話、第55話、第65話のシリーズ合計4話に登場しているのが、ボルギルスだ。映画「ウルトラマンコスモスVSウルトラマンジャスティス THE FINAL BATTLE」にも登場しているので、馴染み深いという方もいるだろう。

続きを読む

ニセウルトラマンコスモス

ニセウルトラマンコスモスは、シリーズ第23話に登場した。見た目はルナモードのウルトラマンコスモスと瓜二つで遠くからでは区別はつかない。しかし、声はニセウルトラマンコスモスの方が低く、これが見分けるポイントとなるだろう。

続きを読む

ラグストーン

催眠魔獣 ラグストーン

ラグストーンは、ホヤをイメージさせる突起を体中に持つ怪獣だ。目は一つであり、突起以外の部分は青色をしている。ウルトラマンコスモスシリーズでは第35話に登場し、他の多くの怪獣を抑えて、高い人気を誇っている。

続きを読む