エレジア

おうむ怪獣 エレジア

おうむ怪獣・エレジアはウルトラマンタロウ第42話「幻の母は怪獣使い!」に登場。身長62メートル、体重2万7000トン。アンドロイド聖子と共に登場し、その悲しく切ないストーリーは視聴者にも強い印象を残したのではないだろうか。

元々は光太郎の後輩である烏田タツオの母・聖子が生前に可愛がっていたオウムで、聖子が交通事故によってこの世を去ったあと、餌を食べなくなり後を追うように死んでしまった。亡骸は聖子と同じ墓に埋葬された。

しかし、聖子の夫である烏田信吾が妻を失った無念から10年の歳月をかけて独自に開発したロボット「アンドロイド聖子」を作りあげる。

信吾の車を憎む心が乗り移ったアンドロイド聖子は残忍で非情な性格となり、アンドロイド聖子の怨念と稲妻エネルギーを受けたエレジアは怪獣化して蘇った。

活躍シーン

車を憎んでいるため次々と自動車を襲い、その後国際モーターショーを襲撃。高速で空を飛行し口から炎を吐いて暴れまわっていたが、アンドロイド聖子を破壊されたことによりコントロールを失う。

駆けつけたウルトラマンタロウはエレジアにパンチを繰り出して真正面から戦いを挑む。エレジアも口から炎を吐く、鋭い爪のある足で攻撃、踏みつけるなどの多彩な攻撃方法で応戦。

戦闘シーン自体はそれほど長くはないが、そのストレートで迫力のある戦いは非常に見応えのあるものとなった。

最期はタロウのストリウム光線を受けて絶命。エレジアは爆発し、ピンクの羽根が辺りに降り注いだ。

プロフィール

  • 身長:62メートル
  • 体重:2万7千トン
  • 登場:ウルトラマンタロウ第42話「幻の母は怪獣使い!」