ガッツ星人

分身宇宙人 ガッツ星人

ガッツ星人は第39話「セブン暗殺計画(前篇)」、第40話「セブン暗殺計画(後編)」の2話に登場。等身大としても登場するため身長と体重は、それぞれ2メートルから40メートル、200キロから1万トンとなっている。

宇宙人の中でもかなりの実力者のようで、実際の戦いでもたくさんの勝利を積み重ね「いかなる戦いにも負けたことのない無敵のガッツ星人」と自称している。

地球へ来た目的は当然征服であり、そのために邪魔になるウルトラセブンを倒し、地球人達の希望を無くした所に乗じる考えであった。

セブン暗殺計画

自分が戦う前に豪力怪獣アロンに戦わせ、ウルトラセブンの能力や弱点を徹底的に分析。正体がモロボシ・ダンである事やエネルギーが切れる事を知り、セブンのエネルギー切れを起こさせ、十字架の礎にし、地球人に見せつける。

しかし、ガッツ星人はセブンの事は十分に研究していたが、ウルトラ警備隊等の地球人の事まで計算に入れておらず、これらの活躍によりセブンが復活。

セブンのウルトラノック戦法により、円盤と共に倒されてしまったのだ。

戦闘能力

ガッツ星人の特徴は分身宇宙人というだけあり、分身の術や瞬間移動を得意としている。その能力でセブンを翻弄し、手や目から放つビームバインドを活かし、セブンを倒している。

また、カプセル怪獣のウインダムも円盤の光線であるスパークレイで一瞬にして倒しており、ウルトラセブンに登場する星人の中でも屈指の存在だと言える。

容姿は鳥のようにクチバシがあり、頭がよほど良いのか、かなり大きくなっており、特徴的なデザインでもあった。

プロフィール

  • 身長:2 – 40メートル
  • 体重:200キログラム – 1万トン