キング・ボックル

原始地底人 キング・ボックル

「帰ってきたウルトラマン」第50話「地獄からの誘い」に登場する原始地底人キング・ボックル。地底30キロメートルに生息している地底人類の一種で、地上侵略を狙っている。

有史以前に地底に閉じ込められた人間が変化したと考えられ、地底で長く暮らしたため視力が退化し、蝙蝠のように超音波によって周りの情報を獲得している。

戦闘能力

身長は2.5メートルから50メートルへ、体重は130キログラムから3万トンに巨大化する。

戦闘能力は高く、マグマをエネルギー源としており、口から30万度の炎を吐いたり、頭部のアンテナから発する怪電波によって相手を錯乱させたり、重力を自在に変化させて物体を地中に埋没させ、土煙を上げて相手の視界を遮ったり、頭部から弾幕を発射して攻撃する。

頭部の2本の角のようなアンテナは弱点ともなり、アンテナを折られると方向感覚が無くなり、歩行もできなくなってしまう。

活躍シーン

地上進出を狙うキング・ボックルは地底人の研究をしている博士と地底科学センターを攻撃。博士はMATの上野隊員の恩師・恩人であり、博士の娘の話からキング・ボックルの存在を知る。

博士の研究用ノートを狙って再出現したキング・ボックルに地底に吸い込まれそうになり、郷隊員がウルトラマンに変身。

一時は超能力を駆使され、地底に引きずり込まれそうになるが最期はウルトラスパークで倒される。しかし、研究用ノートから地底にはいまだに多数のキング・ボックルが生息していることが判明した。

プロフィール

  • 身長:2.5 – 50メートル
  • 体重:130キログラム – 3万トン

スポンサード リンク