ギラドラス

核怪獣 ギラドラス

ギラドラスは、地球の核である鉱石「ウルトニウム」を採掘するため、シャプレー星人と共に活動する怪獣。映画に出てくる恐竜のようだが、背中には赤い鶏冠のようなものがたくさん付いているのが特徴的。

活躍シーン

ウルトニウムを採掘していたギラドラスが、青沢山脈の地下を移動するたびに地震を発生させたため、「原因不明の地震が発生している」という理由で、青沢山脈に調査に向かったウルトラ警備隊の前に、シャプレー星人とギラドラスが姿を現す。

ギラドラスは、自身の能力を使って気象を変化させ、寒さに弱いセブンを追い詰めて、一時はセブンを倒す勢いを見せた。

ところが、後に復活したセブンのアイ・スラッガーで攻撃され、シャプレー星人と共に敗北。アイ・スラッガーで切断された部分から、大量のウルトニウムがこぼれ落ちる。

プロフィール

  • 身長:65メートル
  • 体重:16万トン
  • 英名:GIRADORUS
  • 出身地:シャプレー星
  • 登場:第20話「地震源Xを倒せ」