グローカーマザー

スペースリセッター グローカーマザー

グローカーマザーは映画「ウルトラマンコスモスVSウルトラマンジャスティス THE FINAL BATTLE」に登場する、グローカーボーンと呼ばれる破壊兵器を生産する空母型の円盤。生産に必要なエネルギー源となるアブソリアの加工を担っている。

グローカーマザーは、ただグローカーボーンを生産するだけではない。生産機能や他のパーツを捨てる事によって、自らも戦闘形態に変化する事も可能で、戦闘形態に変化した姿は、グローカービショップという名前で呼ばれている。

これらの名前はいずれも、チェスの駒が由来とされている。

活躍シーン

なお、ウルトラマンコスモス及びウルトラマンジャスティスと戦う事はなく、攻撃したのは統合防衛軍の原子力潜水艦SSU78だ。

原子力潜水艦SSU78は、アメリカ海軍に所属している大型の原子力潜水艦で、太平洋上空を飛んでいたグローカーマザーに対して、潜水艦発射弾道ミサイルを打ち込んだ。

ちなみに地球にグローカーマザーを送り込んだ宇宙予言司デラシオンが地球に現れた際には、その周囲を多くのグローカーマザーが飛び交っており、地球に送り込まれたのはその内の1機だけだったことがわかる。

プロフィール

  • 全長:200メートル
  • 重量:25万トン
  • 登場:映画「ウルトラマンコスモスVSウルトラマンジャスティス THE FINAL BATTLE」