ケンタウルス星人

宇宙牛人 ケンタウルス星人

ケンタウルス星人は「帰ってきたウルトラマン」第44話「星空に愛をこめて」に登場。母星であるケンタウルスからの指令でMATが開発した高性能レーダーを破壊するために、燐光怪獣グラナダスを伴い、地球にやって来た工作員である。

通称が宇宙牛人で大きな頭部に角があり、顔の周囲と手首、足首に赤い体毛が生えており、体毛で静電気を起こすこともできる。

活躍シーン

地球上では「広田あかね」という女性に姿を変え、高性能レーダーを破壊するための調査・活動を行っていた。MATの岸田隊員に近づくが、やがて岸田隊員の優しさに心を動かされ、次第に彼を愛するようになる。

岸田隊員がレーダーの開発者であることを知り苦悩するが、彼を愛する気持ちゆえに自分の正体を告げる決心をする。

体内に高性能レーダーを破壊するだけの大量の爆薬を仕掛けられていたケンタウルス星人は、愛する岸田を守るため、ウルトラマンを窮地に追いつめていたグラナダスに捨て身の突撃し、自爆する。

地球人のために戦った宇宙人

グラナダスは目的遂行のために作られた宇宙怪獣だが、ケンタウルス星人自体に元々地球を攻撃し、侵略するという意識が薄く、母星の司令部に強制的に改造されていたのかも知れないという説もある。

その後、MAT隊員の手により「広田あかね」の墓標が立てられ、「地球人のために勇敢に戦った宇宙人」として伊吹隊長一同黙とうする。

プロフィール

  • 身長:150センチメートル – 50メートル
  • 体重:40キログラム – 1万トン

スポンサード リンク