サイドバクター

破滅可変マシン サイドバクター

サイドバクターは破滅可変マシンという名前が示す通り、可変型のロボット兵器だ。横から見ると大きなくちばしが開いたようにも見える、二等辺三角形の顔の部分が特徴的。その為、見た目は直線的であり、従来の怪獣のような曲線は見られない。

エクステル星で造られたロボット兵器で、スティールバクトと呼ばれる独特の金属で作られている。見た目は黒と青の2色で、二等辺三角形の顔の部分には白いボーダーラインも入っている。

ロボット兵器としての役目は、グリーンベルト星の人型宇宙生命体の抹殺である。

戦闘能力

飛行形態とロボット形態の2つの形態を持つ。宇宙を航行する際には飛行形態となり、機体の前部からは光線も放つ事で攻撃が可能だ。

ロボット形態の際の攻撃は、格闘技がメインだ。二等辺三角形の顔の部分の頭頂部からは破壊光線を発射する事ができ、これも大きな武器と呼べるだろう。

活躍シーン

サイドバクターは、エクステル星人のアンドロイドと共に地球にやってきた。しかし、アンドロイドが動きを停止すると活動を開始するようにプログラミングが行われているのだ。

その為、アンドロイドがTEAM EYESのフブキケイスケによって射殺された事によって、活動を開始した。なお、ウルトラマンコスモスとの戦いでは、コロナモードのウルトラマンコスモスが放ったネイバスター光線に敗れ去った。

プロフィール

  • 体長:62メートル
  • 体重:7万3千トン
  • 登場:ウルトラマンコスモス第41話「緑の逃亡者」