ザイゴン

犀超獣 ザイゴン

ザイゴンは第10話「決戦!エース対郷秀樹」に登場する、犀(サイ)と宇宙怪獣の合成超獣。見た目はプテラノドンや犀を彷彿とさせる灰色の巨体で、黄色と黒の縞模様の大きな角を持つ。

戦闘能力

鼻からの強力な可燃液体、口からの火炎放射「ファイヤーハリケーン」と異次元移動が武器。

ミサイルもはねかえすダイヤよりも堅い皮膚を持ち、頭部の角が最大の武器であり、光や赤いものに興奮し、時速200キロでの突進、相手を頭の一本角で串刺しにできる。

ストーリー

突如、東京都内に出現した超獣ザイゴンに、人々は逃げまどい混乱をするが、駆け付けた北斗が新兵器を打ち込もうと照準を覗き込んだ所で、かつてウルトラ星に旅立った郷秀樹の姿が目の前に現れウルトラレーダーでザイゴンを撃退する。

その後、TACメディカルセンターで治療を受けていた郷は、TAC隊員と久々の再会を喜んでいたが、郷の好みの食べ物の違いや箸の持ち方が逆であるなどの不審な点が多く、隊員たちは妙に感じていたところ、突如、メディカルセンターにザイゴンが現れる。

実はTACの目の前に現れた郷は、変身怪人アンチラ星人が化けていたもので、メディカルセンターにうまく入りこみ人質を取り、戦いを有利にすすめようという作戦だった。

ウルトラマンAに変身した北斗は、赤いものに引かれるというザイゴンの特徴をいかして闘牛士のように超獣を操り、最後はエネルギー光球とウルトラナイフで首をふき飛ばしザイゴンを倒した。

プロフィール

  • 身長:70メートル
  • 体重:6万6千トン
  • 登場:第10話「決戦! エース対郷秀樹」