ザゴラス

隕石怪獣 ザゴラス

ザゴラスは二足歩行で大きな口とキバ、頭頂部についた真ん丸な目が印象的な怪獣だ。まるで二足歩行のワニのようにも見える。そして、ビーバーのような幅の広い大きな尻尾と、鋭く硬い3本爪を持っている。

はじめは群馬県愛野村付近に現れた。しかし、その時は口から火炎を吐いた後すぐに地中に逃げ込んでしまった。

愛野村

実は、愛野村は、銀河系第3惑星のザゴラス星から振ってきた隕石の真上に位置する村であった。その為、ザゴラス星の引力に吸い寄せられ、村ごと浮き上がった状態になってしまっていた。

再びあらわれた怪獣は火炎を吐いたり、家を踏みつぶしたりと村を破壊しはじめるが、MATガンを武器に持った村の少年や、MAT隊員らの攻撃に合う。

また、同じ時に、どんどん強くなるザゴラス星の引力によって、愛野村はとうとう空中に浮きあがってしまう。

活躍シーン

ウルトラマンとの戦いは、その浮き上がっていく愛野村で行われた。人が吹き飛ばされるほどの強風の中、激しい戦いを繰り広げたが、最後はウルトラマンに抱えられてさらに上空へ運ばれてしまう。

そして、宇宙に吸い寄せられていく愛野村にぶつけられて、村とともに爆死してしまった。

ザゴラスはもともと微生物であったが、愛野村(隕石)に含まれる放射性のメルライトの影響によって怪獣になったという経緯をもつ。

ジャンプ力も高く、ウルトラマンとの戦いの中でもその様子を見せている。しかし、クリクリとした目と、愛野村と激突させられる時におとなしくウルトラマンに抱かれてる姿はなかなか可愛い。

プロフィール

  • 身長:41メートル
  • 体重:3万6,000トン
  • 登場:第25話「ふるさと地球を去る」