シグナリオン

信号超獣 シグナリオン

シグナリオンは、第50話「東京大混乱!狂った信号」で登場する。レボール星人の守護神ともいうべき超獣であり、赤・青・黄色それぞれの目から、血液を蒸発させる、高熱で焼き尽くす、そして人を発狂させるという閃光を発し、三色同時に発すると強力な破壊光線となる。

ストーリー

レボール星人は、東京の地下を流れる下水の中に秘密基地を構えており、人間の作業員に化けて信号の誤作動で東京の街を混乱におとしめようとした。

シグナリオンは、このレボール星人による東京占領作戦の秘密兵器であり、普段はTACのミサイル攻撃も通用しない宇宙潜行用のカプセルの中にひそんでいる。

活躍シーン

都内をパトロール中の北斗隊員と山中隊員は、信号機のトラブルによる交通事故の場面に出くわすが、同時期に都内では、同じように信号機の色がめちゃくちゃな動きをして、交通が大混乱になった。

この混乱を起こしていた犯人の信号怪人レボール星人は、都民が東京から退去することを要求し、要求を飲まなければ守護神であるシグナリオンを発動すると脅したが、TACがレボール星人を殺すことで一旦は東京に平和が戻った。

しかし、隠れていたシグナリオンが現れてまた東京都内は大混乱に陥り、再び破壊活動が始まったが、最後はウルトラマンAの活躍でメタリウム光線の前に倒された。

プロフィール

  • 身長:43メートル
  • 体重:3万トン
  • 登場:第50話「東京大混乱! 狂った信号」