シーラ(シーラキート)

怪鳥 シーラ

怪鳥シーラはウルトラマンティガ第32話「ゼルダポイントの攻防」に登場する怪鳥。シーラキートとも呼ばれる。元々はただのオカメインコだったが、爆発性ガス・ゼルダガスの爆発事故によって突然変異し誕生した。

ストーリー

ゼルダガスは目薬一滴ほどの量でも空気中に存在するとたちまち気化し大爆発を起こすことから危険物扱いされていた。

しかし開発者である根津博士はその可能性を信じ、学会から追放されてもなお研究を続けていたが事故の際に娘のアサミと共に死んでいる。

怪鳥シーラは根津博士の娘・アサミの飼っていたオカメインコだったため、GUTSはシーラが復讐のためにゼルダガスの格納されたゼルダポイントを狙っていると推測した。

ゼルダガスが爆発すれば付近一帯は大被害を被るため、GUTSは被害を防ぐためにシーラと戦った。しかしその実態は危険なゼルダガスを尽きかけている自分の命と引き換えにしてもこの世から末梢しようとしていただけであった。

活躍シーン

寿命が尽きかけているため翼はボロボロ、しかしその飛行速度は時速1500km/hと高速飛行を行うことができる。またツメによる攻撃と、口から吐く破壊光線、我が身を顧みない攻撃でティガを苦しめた。

最後はシーラの目的を察したGUTSとティガにより、ガスを飲み込んだシーラを宇宙にまで運び弔った。

その際に博士の魂と出会ったシーラは元の美しい姿に戻り、博士とアサミの魂と共にティガの作りだした光の道に導かれて宇宙の彼方に飛び立って行った。

プロフィール

  • 身長:62メートル
  • 体重:4万トン
  • 登場:ウルトラマンティガ第32話「ゼルダポイントの攻防」