スノーゴン

雪女怪獣 スノーゴン

「帰ってきたウルトラマン」第40話「まぼろしの雪女」に登場する雪女怪獣スノーゴン。全身が白い体毛に覆われており、口や両手から冷気を放つうえ、怪力の持ち主である。ブラック星人に操られ、土星基地からブラック星人の用心棒として地球に連れて来られた。

土星基地内で働く奴隷不足を解消する目的で、地球人のアベックを1000組誘拐し、生まれた子どもを奴隷化して量産する計画を実行するため、普段は人間の姿で山小屋の管理人の孫娘「美佐子」に化けている。

アベック用の山小屋にやって来た男女を口から吐く冷凍光線で凍らせ、仮死状態で氷づけにしていた。

目撃情報などからアベック失踪の調査に山小屋にやって来たMAT隊員を生きたまま凍らせ、ブラック星人と逃亡を図るも、一人難を逃れたMATの郷秀樹隊員にマットシュートを撃たれ、スノーゴンとして巨大化する。

活躍シーン

口と両手から冷凍光線「スノーフリーザー」を浴びせてウルトラマンをカチンカチンに凍らせる。

マウントポジションを取り、ウルトラマンを徹底的に痛めつけ、怪力で両手、両脚、頭部をもぎ取り、一旦ウルトラマンの体はバラバラにされてしまう。

しかし、不思議なことにウルトラブレスレットの輝きで切断された体を結合し、ウルトラマンは蘇生。ウルトラディフェンダーで冷気を跳ね返され、スノーゴンは逆に凍らされてしまう。

最期は投げ飛ばされて地面に叩きつけられ、粉々に砕け散ってしまった。

プロフィール

  • 身長:45メートル
  • 体重:2万3千トン