ゾグ

根源破滅天使 ゾグ

ゾグは第49話「天使降臨」、第50話「地球の叫び」、第51話「地球はウルトラマンの星」に登場する怪獣。ウルトラマンガイアとウルトラマンアグルを土俵際まで追い込んだカイザードビシの前に突如現れ、カイザードビシと魚人たちを一掃した。

ゾグは人間を救うために力を貸してくれたのか…その姿はまるで自由の女神を思わせるような出で立ちである。しかしゾグは決して人間たちの味方などではなく、根源的破滅招来体のひとつであり、根源破滅天使とも呼ばれる存在だった。

戦闘能力

美しい容姿とは裏腹に、藤宮は破滅招来体の最終兵器と推測するほどに、多種多様な技を繰り出し、さらにはその残忍さや無慈悲さは他の怪獣キャラクターの中では群を抜いていると言えるだろう。

両手からは波動弾を放ち、目からは怪光線、指からも念力光線を放つ。

第1形態

カイザートビシとの戦いでは、自らが回復効果のある光を放つことができる技術があることから、それを利用してウルトラマンガイアとウルトラマンアグルを回復させ、一掃する力を貸したが、直後に念力光線で軽々と吹き飛ばし、多大なダメージを与え、もはや絶望的状況に追い込んだ。

しかし、その後XIGのミッションガイアによって回復したガイアとアグルの起死回生の猛攻倒された…かと思われたが、なんと第2形態となりゾグ本来の姿を現したのだった。

第2形態

もはや手が付けられなくなるほどの巨大化、凶暴化したが、ウルトラマンガイアとウルトラマンアグルによるストリーム・エクスプローションで見事撃退に成功した。

プロフィール

  • 体長:127メートル→666メートル(第2形態)
  • 体重:9万トン→66万トン(第2形態)
  • 登場:ウルトラマンガイア第49話「天使降臨」、第50話「地球の叫び」、第51話「地球はウルトラマンの星」

スポンサード リンク