ノンマルト

地球原人 ノンマルト

ノンマルトは、第42話「ノンマルトの使者」に登場した。身長1.7メートル、体重70キロで、人類が誕生する前から地球に存在する先住民族であると名乗っている。彼らは地球の海底深くに住む水棲民族であり、知的生命体でもある。

海底で人類に知られる事も無く静かに暮らして来たのだが、人類が海底開発を進め、自分たちの生存権まで侵入して来たために、海底開発をしているシーホース号を爆破、原子力潜水艦グローリア号を奪取する。

その後、蛸怪獣ガイロスを呼び出し、地上へと攻撃させ、ついに人類へ反旗を翻すのだった。

活躍シーン

ノンマルトは人間とほぼ変わらず、戦闘能力も持っていないため光線銃を使用し地球防衛軍の防衛隊員を数名射殺している。

その後、ガイロスが一度ウルトラ警備隊にやられると地上への総攻撃命令を出し、地上の占領を狙うが、ガイロスがやられウルトラ警備隊の攻撃によって海底都市とグローリア号は破壊されてしまった。

真相

ノンマルトが地球の先住民族であるという確かな証拠もなく、裏付けは特に劇中で描写はされていない。しかし、ウルトラ戦士の母星であるM78星雲では、地球人の事を“ノンマルト”と呼ぶそうで、真相は謎のままだ。

ウルトラ警備隊やキリヤマ隊長が一方的に海底にいる民族を全滅に追いやった話として有名であり、イメージが深く残っている人も多いだろう。

続編シリーズでも掘り下げられる話であり、ウルトラシリーズのファンにとって有名な話でもある。

プロフィール

  • 身長:170センチメートル
  • 体重:70キログラム