バキューモン

暗黒怪獣 バキューモン

バキューモンは黒い煙状の見た目をしている、宇宙にいる怪獣だ。赤い瞳のような光が煙の中に見えるのみで、その実態は不明。宇宙にある星々を飲み込んで生きている。

10日間かけて北斗七星の星々を飲み込んだ後、かに座を飲み込み始め、さらには地球に向かう様子を見せた。また、バキューモンがかに座を襲った影響により、地球にはかに座にすむカニ座怪獣ザニカが逃げ出してきていた。

戦闘能力

バキューモンの姿は明らかにはなっていないものの、途方もない引力をもった暗黒の物体で、暗黒星雲にも似た怪獣だと語られている。

実際に、本編では宇宙の天体を飲み込みながら地球に接近し、また、天体を飲み込むたびに大きくなっていった。もちろん、地球を飲み込めば地球は破壊され人類は滅亡してしまうという恐ろしい怪獣だ。

ちなみに、星々を飲み込む体の中はどうなっているかと疑問に思うだろうが、実はバキューモンの体内には強烈な圧力がかかっている。これは地球を角砂糖1個ほどに縮めてしまうほどの圧力だ。

活躍シーン

ウルトラマンとの戦いは、他の怪獣のように対峙するスタイルではなく、体内に入り込んだウルトラマンに一方的に攻撃を受ける格好でやっつけられてしまう。

怪獣の体内に入ったウルトラマンは、ウルトラブレードを使って体の中から穴を開けたのだ。これにより、それまでに飲み込んだ星々をふき出して消えてしまった。

プロフィール

  • 身長:不明(無限大)
  • 体重:不明(無限大)
  • 登場:第23話「暗黒怪獣 星を吐け!」