バルタン星人Jr.

宇宙忍者 バルタン星人Jr.

バルタン星人Jr.は「帰ってきたウルトラマン」第41話「バルタン星人Jr.の復讐」に登場する。ウルトラシリーズに登場する宇宙忍者バルタン星人としては4代目で、初代バルタン星人の息子という設定だ。身長はミクロから45メートル、体重は3万トンまで増大する。

バルタン星人Jr.は300以上の超能力を持つとされ、ウルトラマンに倒された父の復讐のために地球に襲来する。

ジュニアというだけあり、ハサミは先代に比べてまだ小さく、上半分と下半分に黒いライン模様が入っている。体の所々に金、銀が散りばめられている他は全体的に黒っぽい色調だ。

先代のバルタン星人の笑い声「フォッフォッフォッ」は有名だが、ジュニアのためか声のトーンが高く、普通の高笑いになっているのが特徴である。かなり饒舌に話し、人間と会話することもできる。

戦闘能力

ウルトラマンとは直接対決せず、建設中のビルを巨大ロボットに改造したロボット怪獣ビルガモの中に乗り込んで操縦する。

ビルガモをウルトラマンと戦わせるが、激闘の末、ビルガモが倒されるとバルタン星人Jr.自身が巨大化し、ウルトラマンの目の前に現れる。

設定ではハサミから反重力光線、ミサイル弾、マイナス140度の冷凍弾を発射できるが、飛行能力を除けば特に目立った超能力を披露はせず、「勝負はまだ一回の表だ!」というリベンジを示唆するセリフを残し、飛び去ろうとする。

その際、背後からウルトラマンのスペシウム光線を打たれたが、白い十字光と共に消え去ってしまった。

プロフィール

  • 身長:ミクロ – 45メートル
  • 体重:0- 3万トン
  • 出身地:バルタン星