バルダック星人

雪男星人 バルダック星人

バルダック星人は「帰ってきたウルトラマン」の第39話「20世紀の雪男」に登場する。絶対零度の惑星バルダック星から地球に侵入してきた宇宙人である。頭部が巨大でお尻のようにも見えるため、一部では「おしり星人」、「プリプリ星人」とも呼ばれていた。

240年に一度バルダック星が地球に大接近する機会を捉え、バルダック星から大円盤群を地球に呼び寄せて侵略を試みる。

長野県の権現山に240年前から隠れ住み、地元では雪男として恐れられながら、地球侵略のための調査活動を重ね、資料収集をしていた。

仲間が来る前に地球を寒冷の惑星にしてしまおうとバルダック星人は巨大化し、口から零下234度の冷凍ガスを吹き出し、ウルトラマンに変身した郷隊員も冷凍ガスに苦戦するが、MATが援護し、ナパーム弾で街が炎に包まれる。

活躍シーン

バルダック星人は熱に弱いという弱点があり、炎の熱で復活したウルトラマンがブレスレットを投げ、ブレスレットのウルトラ火輪でバルダック星人は溶解してしまった。

地球に侵攻中だったバルダック星の大円盤群もウルトラマンによって破壊され、地球に最接近していたバルダック星そのものも、ウルトラブレスレットが変形したブレスレッドボムにより、全て破壊され消滅した。

映画「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説THE MOVIE」に登場する百体怪獣ベリュドラの右腕を構成する一体にもなっている。

プロフィール

  • 身長:3 – 48メートル
  • 体重:70キログラム – 6万トン
  • 出身地:バルダック星

スポンサード リンク