ブリザード

円盤生物 ブリザード

円盤生物ブリザードはウルトラマンレオ第45話「まぼろしの少女」に登場する。出身地はブラックスターで、小型円盤時は身長48センチ、体重13キロ、巨大化時には身長59メートル、体重1万7千トンになる。巨大化すると大阪のイカ焼きのような形で、表が青、裏が赤と別の色になっている。

戦闘能力

体から零下100度の冷凍ガスと、1000度の高熱火炎を放射するのだが、冷凍ガスは青い体から、高熱火炎は赤い体の方から出る。

ストーリー

地球侵略のために、ブラック指令によって次々とブラックスターから呼び寄せられた円盤生物で、シルバーブルーメ、ブラックドーム、アブソーバ、デモス、ブラックガロンに続き、6番目に地球に飛来する。

最初は人形を持った少女、「マユコ」として現れる。マユコの持っている人形からは冷気が発せられ、ブラックスターを研究している仁科博士を凍らせて殺害してしまう。

それをゲンとトオルに見つかってしまい、呼び寄せた円盤にマユコが吸い上げられると、円盤生物ブリザードは怪獣の形に変化する。

活躍シーン

ゲンはウルトラマンレオに変身するが、冷気を浴びて身動きが取れなくなる。必死の思いで体を動かし、近くにあったつららを投げて、ブリザードの冷気が出る口を塞ぐ。

冷気がダメなら…と、今度は火炎をレオに浴びせかけ、再びレオを圧倒するが、ジャンプで避けられ、火炎が出る口にハンドショットを打ち込まれてしまう。

円盤に形を変えて逃げるブリザードだが、レオに捕まって上空に投げられ、光線を打ち込まれて爆発する。

プロフィール

  • 身長:0.48 – 59メートル
  • 体重:13キログラム – 1万7千トン
  • 登場:ウルトラマンレオ第45話「まぼろしの少女」

スポンサード リンク