プラチク星人

プラスチック怪人 プラチク星人

プラチク星人は全身がプラスチックで出来ている怪獣。全身に付いている飾りのようなものも、おそらくプラスチック製のものだと思われる。地球防衛軍を全滅させるために、プラチク星から宇宙戦車「スペース・タンク」に乗って地球にやってきた。

地球防衛軍が野戦訓練を行うとの情報を得たプラチク星人は、野戦訓練中の地球防衛軍に対して、訓練の指示を出す「マグマライザー」に乗った隊員をプラスチック液で襲って殺害した上、地球防衛軍の戦車やマグマライザーを奪ったり、訓練用の弾を実弾にすり替えたりして、地球防衛軍が全滅するように仕向けた。

エメリウム光線で身体を焼かれて骨格だけになっても、セブンに襲いかかるほどの耐久力を持つプラチク星人だったが、結果的には、自身が全滅させようとした隊員に倒されてしまった。

プロフィール

  • 身長:2 – 40メートル
  • 体重:50キログラム – 1万5000トン
  • 登場:第30話「栄光は誰れのために」