マザリュース

地獄超獣 マザリュース

マザリュースは、第24話「見よ!真夜中の大変身」に登場する、異次元人マザロン人の陰謀によって妖女に変身させられた妊婦のよし子が生みだした超獣だ。見た目はトカゲのような姿をしており、赤ん坊のような声を発する。

戦闘能力

口から白い可燃性のガスを吐く以外に物理攻撃などはしてこないが、実体を持たない虚像であるためあらゆる攻撃が通用しない。

誕生

航海士の父を持つ健太少年の母親・よし子は、マザロン人の怨念がこもった赤い水晶と、マザロン人の血の雨と呼ばれる地球に降り注いだ赤い雨の影響で妖女に変身してしまう。

マザロン人は、かつてウルトラマンAによって倒されたヤプール人の怨念によって再生された宇宙生物であり、ヤプール人の怨念のこもった赤い雨と赤い水晶を用いてウルトラマンAやTACを倒そうとした。

怨念によって妖女に変身してしまった母・よし子は、妊娠中の母親のパワーと怨念が混じりあい地獄超獣マザリュースを産み落とす。

活躍シーン

生まれて間もないマザリュースは実態がなく、赤ん坊のような大声で泣く以外は物理攻撃などをしてこないが、実態がないためTACの攻撃はまったく通用しない。

健太少年が赤い水晶を妖女(母・よし子)に投げつけることで、マザリュースの虚像は消えてしまった。

調査を続けていたTAC隊員は、赤い雨が降ってから不穏な動きを続けており、今にも噴火を始めそうな富士山の火口近くでマザリュースを操っていたマザロン人を発見。

ウルトラマンAに変身をして、超獣を操っていた本体であるマザロン人を倒した。

プロフィール

  • 身長:60メートル
  • 体重:なし
  • 登場:第24話「見よ! 真夜中の大変身」