メドウーサ星人

醜悪星人 メドウーサ星人

赤と緑の胴体、昆虫のような顔が強烈なインパクトを与えるメドウーサ星人はウルトラマンタロウ第37話「怪獣よ 故郷へ帰れ」に登場した怪獣である。醜悪星人と呼ばれ、その性格はとても執念深く狙ったものは逃さない。メドウーサ磁気、変身能力、憑依能力といった多彩な特殊能力を持っている。

メドウーサ星人はメドウーサ星で争いを起こし、メドウーサ星を乗っ取った宇宙人である。事態を知る怪獣ヘルツを始末しようと後を追って地球へやって来た。

活躍シーン

ヘルツが落ちた近くに住む老人をメドウーサ磁気で仮死状態にし、目撃者がいないことを良いことに老人の孫娘に変身。ヘルツに凶悪怪獣の濡れ衣を着せてZATに始末させようと画策するが失敗に終わる。

ZATに始末させることが無理だと判断すると今度はZATの森山隊員を襲い、乗り移る。ZATのスーパースワローを操縦し、ヘルツを弱らせ自らの手で始末しようとする。

それを邪魔するコンドル1号やスカイホーエルを破壊し暴れまわるが、ウルトラマンタロウが登場し、交戦へ。

最期

メドウーサ星人はタロウに対し、上空を旋回し幻惑攻撃を開始する。「私は蝶のように舞い、蜂のように刺すのだ!」と叫びながらスワローを華麗に操り攻撃を仕掛けるが、タロウに攻撃を封じられ地上へ落下、正体を暴かれる。

最期はタロウのストリウム光線を喰らって倒される。メドウーサ星人に狙われていたヘルツもこの後、ZATによって宇宙へと無事に返された。

プロフィール

  • 身長:50メートル
  • 体重:8万トン
  • 登場:ウルトラマンタロウ第37話「怪獣よ 故郷へ帰れ」