ラビドッグ

宇宙犬 ラビドッグ

宇宙犬・ラビドッグはウルトラマンタロウが少年時代から可愛がっているペット。その白くフワフワした見た目と愛くるしい動きに心をときめかせた方も多いのではないだろうか。身長は30cm、体重は2.5kg、タロウと同じくM78星雲光の国出身。

地球の生物で例えると長毛種の小型犬といったところだろう。性格はおとなしく、非常に忠誠心が強い。空中を自由に飛び回ることができる飛行能力を持っている。

ストーリー

ある日、宇宙大怪獣ムルロアが吐き出した黒煙が全地球を覆い、世界は闇に包まれてしまう。ウルトラの母に「闇を解放するためのものがある」と導かれたウルトラマンタロウは光の国へ一時帰還する。

この時、タロウの帰還を察知したラビドッグはいち早くタロウを出迎えた。短い登場時間ではあったが、タロウとの絆の強さやその忠誠心の強さをうかがい知ることができた印象的なシーンだった。

漫画版

内山まもる氏の漫画版ではラビドッグのその後を知ることができる。

漫画にはテンペラー星人が光の国を襲撃した際、ラビドッグは敵の罠からタロウを助けるために命を落とすといったエピソードが描かれており、その後、ラビドッグはウルトラの父から「ウルトラ7番目の兄弟」の称号を与えられている。

ラビドッグは愛らしい見た目とともに忠犬ぶりが魅力であり、今も尚、ファンの間で愛されるウルトラ兄弟である。

プロフィール

  • 身長:30センチメートル
  • 体重:2.5キログラム
  • 登場:ウルトラマンタロウ第24話「これがウルトラの国だ!」

スポンサード リンク