宇宙仮面

銀星人 宇宙仮面

宇宙仮面は地球侵略が思うようにいかないヤプール人が送り込んだ凶悪超獣を操る仲間の一人。身長は1.8m、体重は200キロと、人間とそれほど変わらない大きさでいながらとてつもない重量級となっている。

200キロあると人間でいうとかなりふくよかな体型になるが、宇宙人にとっては珍しくないのだろうか。

ストーリー

ウルトラマンA第22話「復讐鬼ヤプール」に登場する宇宙仮面は隕石によって地球へやってきた。本来の姿は素顔が仮面で覆われているのが特徴で、TACの壊滅を目的とし、彫刻家の青年に化けてTACの美川隊員に近づいた。

自作自演の事故から美川隊員を助け、美川隊員からは信頼は得たものの、幼稚園で超獣の彫刻を作っている姿に違和感を覚える北斗隊員。彫刻家の青年がつけていたブレスレットと宇宙仮面がTACに潜入した際、見たブレスレットが同じだったのだ。

しかし命の恩人を美川隊員は疑わず、梶隊員の提案により体の組成がわかるペンダントを彫刻家の青年にかけることになった。

その結果、特殊金属と合成樹脂でできていることがわかり、彫刻家の青年の元へ駆けつけるも時すでに遅し。自分が宇宙仮面だと言う正体を明かし、彫刻の超獣を巨大化させてしまう。

活躍シーン

超獣と戦い苦戦するエースを見て、美川隊員は宇宙仮面がいるビルの屋上へ向かう。

事実を知った美川隊員は複雑な気持ちの中、弱点であるブレスレットを銃により破壊し、体から火花を吹き出しながら宇宙仮面はビルの屋上から絶叫と共に落ちていった。

プロフィール

  • 身長:180センチメートル
  • 体重:200キログラム
  • 登場:第22話「復讐鬼ヤプール」