猿人ゴリー

猿人 ゴリー

猿人ゴリーは、第44話「恐怖の超猿人」に登場。身長は2メートル、体重70キロで、変身後の容姿は、まるでゴリラそのものである。ゴーロン星人の手により、モンキーランドの飼育員が脳波交換装置によって変貌した怪人で、普段は人間の姿だが興奮すると猿に変身する。

戦闘能力

猿であるため喋る事ができないが、力は怪力である。

鳥を盗もうとした帰りに警察に捕まるのだが、猿人ゴリーに変身するとかけられた手錠もいとも簡単に切断し、警官の攻撃も通用せず、怪力でもって彼らの骨を折り殺してしまったのだ。

それぐらいの怪力の持ち主で、岩を軽々と持ち上げる事も可能となっている。

アンヌへの恋心

傷を手当してくれたアンヌ隊員に恋心を抱き、後を追うようになる。

アンヌ隊員がウルトラ警備隊に戻れなくするためにポインターを故障させたり、つけ回したりしたが、彼女が捕まって、ゴーロン星人に操られた真山博士と民子の実験台にさせられそうになった所を救出した。

しかし、その後もアンヌ隊員を連れ去ろうとし、フルハシ隊員のウルトラガンの攻撃にあって死んでしまった。

人間から猿の形態に変身する描写も劇中でしっかりと描かれており、怖い印象を抱いた方が多いだろうが、こうしてみてみるとゴーロン星人によって無理矢理に変化させられ、アンヌ隊員に恋心を抱き、それが成し遂げられず死んでしまうという悲しい生物だったのではないだろうか。

プロフィール

  • 身長:2メートル
  • 体重:70キログラム